明日誰かに話したくなる…ポケモンの怖い都市伝説・裏話20選

ポケモン 都市伝説

 

1996年2月からゲームが販売開始され、今でも全世界を中心に高い人気を誇っているのが「ポケモン」だ。

 

常に新しい分野を開拓し、アニメ、映画、ゲームの最新作などを積極的に制作しており、勢いは今後も続いていくだろう。

 

そんなポケモンであるが、長い期間人気を保ち続けているので、かなりの数の都市伝説が存在していることにお気づきだろうか?

 

そこでこの記事では、ポケモンの怖い都市伝説・裏話20選を一挙にご紹介しよう。

 

 

ポケモンの都市伝説1:アンノーンに隠された意味

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスター・金銀で初登場した、シンボルポケモン「アンノーン」は、他のモンスターとは異なる容姿をしている。

 

アンノーンの姿はアルファベットの形をしており、当初はA〜Zまでの26種類であったが、ファイレッド・リーフグリーンにおいて「!」と「?」の2種類が追加されたことは記憶に新しい。

 

アンノーンといえば、「アルファベット」という認識を持つ人は多いと思うが、実はここには隠された事実が存在するのだ。

 

まずはアンノーンの図鑑を見てもらいたい。

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン 都市伝説

 

図鑑を見ると、「アンノーンは古代文字にソックリに作られたポケモン」という意味が分かる。

 

さらに、昔の石板で見かける文字に似ているとの情報も。

 

スポンサーリンク

 

これらのことから考えるに、アルファベットは古代の文字とポケモンの世界では考えられていると理解できよう。

 

つまり、現在住んでいる私たちの世界は、ポケモンの世界からしてみると、「古代(アルファベットを実際に使っているため)」と考えられるのだ。

 

逆を言えば、私たちの未来の世界がポケモンの世界ということ。

 

ポケモン 都市伝説

 

そこで思い出してもらいたいのが、ポケモンの世界で呼ばれている地名だ。

 

カントーやホウエン、ジョウトなど、すべて日本の実際の地名に当てはまるのだが、これらは実際の日本よりもだいぶ狭い。

 

これは未来の日本が、気候変動により水没しているためと考えられはしないだろうか?

 

さらに、ホウエンやシンオウ地方が、ジョウトやカントー地方と離れているのは、将来的に大規模な地殻変動が起こることを暗示しているとも考えられる。

 

アンノーンの都市伝説から、ポケモンの世界は未来の日本を表しているという衝撃的な説が浮上した。

 

もちろん疑惑なだけであり、実際に未来の日本がこの通りになるとは限らない。

 

しかしもし本当だとしたら、原作者はこの情報をどこから仕入れてきたのだろうか…?

 

 

ポケモンの都市伝説2:ジュカインの名前に隠された秘密

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスタールビー・サファイヤから登場する、草タイプのポケモン「ジュカイン」に恐ろしい都市伝説が存在していることを、あなたはご存知だろうか?

 

みつりんポケモンに分類され、キモリ→ジュプトル→ジュカインの順番で進化し、オメガルビーやアルファサファイアでは、メガ進化も可能になった出世ポケモンである。

 

ジュカインの都市伝説は、名前にまつわるもの。

 

この名前には、裏設定があると言われているのだ。

 

名前の「ジュカイン」だが、草でみつりんポケモンなので「樹海」がモチーフになっていることは想像できる。

 

しかしこれでは、「樹海(じゅかい)なので、ジュカインの「ん」の部分が残る。

 

ポケモン 都市伝説

 

実はこの「ん」は、「in」を意味しているのだ。

 

そのため、ジュカインは「樹海に入る(in)」という意味。

 

樹海といえば、富士の樹海を思い浮かべる方も多いのではないだろうか?

 

ポケモン 都市伝説

 

富士の樹海といえば、自殺の名所。

 

つまりその場所に入るということは…。

 

何とも恐ろしい都市伝説を持ったポケモンであり、名前に負けない迫力はこうした裏設定から来ているのかもしれない。

 

 

ポケモンの都市伝説3〜5:ポリゴンにまつわる3つの都市伝説

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン初代から登場し、脇役かと思いきや根強い人気を誇るのが「ポリゴン」だ。

 

初代ポケモンではゲームコーナーの景品交換所において、9999枚で交換できるポリゴン。

 

そんなポリゴンであるが、3つの都市伝説が噂されているので、1つずつ詳しく考察していこう。

 

 

ウラヤマとロケット団は繋がっている?

 

ポケモン 都市伝説

 

ウラヤマはポケットモンスターDPに登場する、ポケモン屋敷の主人である。

 

ウラヤマでは、裏庭でポケモンを飼育しているのだが、1日1匹限定でポケットモンスターダイヤモンド・パール以前のポケモンをプレゼントしてくれる。

 

初代から登場するポリゴンも、無料でゲットできる訳だがチョット待ってほしい。

 

ポケモン 都市伝説

 

冒頭でも触れた通り、ポリゴンはゲームセンターで9999枚のコインを交換しないともらえない、高級ポケモンである。

 

それを無料でゲットできるというのは、ウラヤマはその名前の通り裏があるのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

 

考えるに、ウラヤマはロケット団と裏で繋がっている可能性がゼロではない。

 

それとも、ポリゴンは0円の価値しかない、製造失敗作品だったのだろうか?

 

謎は深まるばかりである…。

 

 

ポリゴンは資金調達のためだけに製造された?

 

ポケモン 都市伝説

 

シルフカンパニーの技術力を結集して作られたのが、ポリゴンであり人工ポケモンとして知られている通りだ。

 

人工で作られたポリゴンが、ゲームの景品交換所では必要コイン数が一番多い。

 

ここで把握しておきたいのが、ゲームセンターはロケット団が支配している場所であり、シルフカンパニーはロケット団のスパイがいた事実もある。

 

ポリゴンは戦闘では全く役に立つことはなく、実際に使用しているジムトレーナーなどはいない。

 

ポケモン 都市伝説

 

ではどうして戦闘能力に乏しいポリゴンを、一番高値で置いてあるのだろうか?

 

それはロケット団の資金源になるために、つまり、お金儲けのためだけに作られたポケモンだからだ。

 

人工で作成されるポリゴンは、量産が可能になっているのでお金儲けにはもってこい。

 

ロケット団は資金調達のためなら、ポケモンすら利用することを考えれば、納得はできるであろう。

 

 

ポリゴンを持っていると不幸に遭遇する

 

ポケモン 都市伝説

 

ポリゴンと聞いて、ある有名な事件を思い出す人も多いだろう。

 

それは1997年12月に放送されたポケモンアニメ第38話、「でんのうせんしポリゴン」の回である。

 

この回の後半、ピカチュウが10万ボルトの攻撃をした際、画面が激しく点滅。

 

視聴していた子供たちが、体調不良を起こし数百名が病院へ運ばれ、入院した者がいるほど。

 

ポケモン 都市伝説

 

当時社会問題にまで発展し、ポケモンアニメがしばらく放送自粛する騒ぎになったのだ。

 

この時に登場したのがポリゴンであるが、実はポリゴンのカードを持っていた少年が自動車事故に遭遇したという噂が、ネット上に出回ったこともある。

 

それも1件ではなく、事故は2件起きたというのだが、真相は不明のまま。

 

ポケモンショックや、自動車事故などの噂が重なり、「ポリゴンを持っていると不幸になる」との都市伝説が広まったのだ。

 

資金調達のために、ロケット団に利用されたり、放送事故によりイメージが悪化するなど…。

 

ポリゴンはとことん可哀想なポケモンである。

 

 

ポケモンの都市伝説6:ウツボットを逆さにすると…?

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン初代から登場し、根強い人気を持っているのが「ウツボット」である。

 

マダツボミからウツドンへ、そしてウツボットへと進化するため、ウツボットは最終形態。

 

ウツボットの都市伝説は、逆さにして見たユーザーが発見して広まった。

 

そこで、まずはウツボットを逆さにした画像を以下に掲載するので注意深く見てほしい。

 

ポケモン 都市伝説

 

どうだろうか?

 

見た感じ、不完全に進化を遂げた、「ウツドン」のように見えるのではないだろうか。

 

ポケモン 都市伝説

 

ではどうして、このことが都市伝説になるほど噂されているのか、もう少し見ていこう。

 

ウツボットは、リーフの石を使うことでウツドンから進化をする。

 

ある説によると、ウツドンが了承なしに、勝手に石を使用されたことを恨み、ウツドンの恨みの気持ちがウツボットにうつっているのだとか。

 

ポケモン 都市伝説

 

ちなみにマダツボミの時は、かなり可愛らしい容姿をしている。

 

そこから進化を遂げるにつれ、ちょっと怖い容姿になるのだから心中穏やかではないだろう。

 

勝手にリーフの石を使われ、強制的に進化させらもしたら、ウツドンの恨みがウツボットにうつっても不思議ではない。

 

ポケモンの気持ちを考えると、うかつに進化できなくなるだろう…。

 

 

ポケモンの都市伝説7:アグノム、ユクシー、エムリットが宗教団体を暗示してる?

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスターDPから登場する、伝説のポケモン「アグノム、ユクシー、エムリット」は人気がある。

 

この3体は、ともにエスパータイプ。

 

さらに3体の頭文字を取ると、「UMA」となるため、「未確認生物」がモデルになっているのだ。

 

しかしこの3体には、裏の顔があると都市伝説では言われている。

 

ポケモン 都市伝説

 

さきほど紹介した「UMA」だが、実は頭文字の並びを変えると、「AUM(オウム)」になる。

 

このオウムが何を意味しているのか、10代が理解するのは難しいかもしれない。

 

何故ならば1995年に日本で起きた、世界で初めて化学兵器が使われたテロを実行した宗教団体の名前だからだ。

 

このオウム真理教には不思議な力が宿っていると言われており、エスパータイプの伝説のポケモンである3体と共通点がある。

 

また、アグノム、ユクシー、エムリットがオウム真理教と関係あると言われている理由は、これだけではない。

 

実はゲーム中にあるミオシティの図書館には、「恐ろしい神話」というものがある。

 

ポケモン 都市伝説

 

この本を開くと、3体のポケモンの特徴が書かれている。

 

  • アグノム:そのポケモンを傷付けると、7日後には動けなくなり、何もできなくなる
  • ユクシー:そのポケモンを見ると、一瞬にして記憶がなくなり、帰ることができなくなる
  • エムリット:そのポケモンに触れると、3日後には感情がなくなる

 

アグノムの記述は、7日後には動かなくなるということだが、これはサリンによって体が動かなくなる点を強調している。

 

ユクシーの記憶が無くなるというのは、オウム真理教に入ると抜け出せなくなることを意味している。

 

エムリットの感情が無くなるというのは、マインドコントロールされ感覚が麻痺している。

 

ポケモン 都市伝説

 

この3点を見ても、オウム真理教と深い関わりがあるように感じないだろうか?

 

伝説のポケモンなだけあり、まだまだ謎の多い3体。

 

今後も新しい都市伝説が、発見されるかもしれない。

 

 

ポケモンの都市伝説8:プルリルに隠された裏設定が怖い

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスターブラック・ホワイトから登場しているポケモンで、水タイプとゴーストタイプを合わせ持っているのが「プルリル」だ。

 

見た目はとても可愛らしいプルリルだが、怖い都市伝説が隠されている。

 

まずプルリルは「水子の霊」がモチーフになっていると、都市伝説では語られているのだ。

 

水子の霊」というのは、中絶や流産などが原因で生まれてこなかった赤ちゃん(胎児)を指す。

 

プルリルは水タイプが入っているので、その容姿からクラゲを連想する人もおり、この都市伝説は間違っていると考える人も少なくない。

 

だが、プルリルがクラゲだとは考えにくい、いくつかの根拠があるので少し紹介しよう。

 

 

クラゲポケモンと書かれていない

 

ポケモン 都市伝説

 

プルリルを図鑑で見ると、「ふゆうポケモン」と書かれており、「クラゲポケモン」ということは一切書かれていない。

 

さらにクラゲだとしたら、「ふゆう」との表現は少し違うと感じるのではないだろうか?

 

ここでプルリルが「霊」であると考えると、「ふゆう霊」という言葉がある通り納得できる。

 

そして、プルリルはゴーストタイプを合わせ持っている。

 

そこでプルリルは「ふゆうしている胎児の霊」と考えたほうが、しっくりくるのだ。

 

 

プルリルの図鑑に本性が書かれている

 

ポケモン 都市伝説

 

プルリルのポケモン図鑑を見ると、「深海に連れ込んで殺すのだ」とハッキリ書かれている。

 

今までのポケモン図鑑で、ここまでストレートな言葉が使われるのは類例を見ない。

 

もしクラゲポケモンだとしたら、この表現は違和感を感じるのではないだろうか?

 

 

プルリルの見た目はクラゲとは程遠い

 

ポケモン 都市伝説

 

プルリルをよく見ると分かるが、手足が2本ずつ存在する。

 

もしクラゲだとしたら、足などがもっと多く描かれているだろうし、帽子のような頭をしているであろう。

 

そしてプルリルの手足はハッキリと描写されていないのだが、これは完全に手足が形成される前の状態(胎児)だったからと考えられないだろうか?

 

 

ポケモン 都市伝説

 

ここで紹介した以外にも、オスとメスで色分けされていたり、たまごのグループが様々など、クラゲとは思えない理由がいくつか挙げられる。

 

可愛い見た目とは裏腹に、とても怖い設定が隠されているポケモンなのだ。

 

もしかしたら、問題なく生まれてきたポケモンを恨んでいるのかもしれない…。

 

 

ポケモンの都市伝説9:ビクティニの名前に隠された3つの意味

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスターブラック・ホワイトから登場する、幻のポケモンとして知られるのがビクティニだ。

 

エスパータイプとほのおタイプを合わせ持つことで知られ、勝利ポケモンとも呼ばれており、ビクティニを連れていくとどんな戦いでも勝利できるという。

 

ステータスが全て100で、ブラック・ホワイト版の図鑑を見ると「000番」となっているなど、特別扱いされていることが分かる。

 

そんなビクティニだが、名前に隠された3つの都市伝説が存在するのだ。

 

ここでは1つずつ、詳しく取り上げよう。

 

 

ビクティニは勝利の意味を持つ

 

ポケモン 都市伝説

 

ここは分かりやすいかもしれないが、ビクティニは英語「Victory(勝利)」が由来となっている。

 

そのため、どんな戦闘でも連れて行くと勝利できると言われているのだ。

 

ビクティニを見ると、頭が「V」になっているのは有名であろう。

 

これは都市伝説というよりは、伏線としてまずは把握してもらいたい。

 

 

ビクティニは犠牲者の意味がある

 

ポケモン 都市伝説

 

ゲームの中において、リバティガーデン島でビクティニとは会うことができる。

 

当初、ビクティニは幻のポケモンにも関わらず、大富豪により地下に閉じ込められているのだ。

 

ビクティニは幻のポケモンで、特殊な技を使うことにより悪い企みを働く者により、自由を奪われていた。

 

こうした背景を考えると、ビクティニという名前には別の意味があると考えられる。

 

それは英語で犠牲者を意味する、「Victim」という単語。

 

 

ビクティニは核爆弾を意味している

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスターホワイトの図鑑を見ると、ビクティニの説明欄に驚きの文字が躍っている。

 

どうやらビクティニは、「無限に生み出すエネルギー」を持つようだ。

 

無限に生み出すエネルギーと聞いて、何か思い浮かぶことはないだろうか?

 

ポケモン 都市伝説

 

そう、人類が作った最悪の兵器「核爆弾」である。

 

ビクティニの攻撃を見ると、空から核爆弾が落ちてくるようにも見える。

 

 

さて、ここで取り上げた3つの意味を整理してみよう。

 

  1. 勝利
  2. 犠牲者
  3. 核爆弾

 

この3つが持つ意味というのは、「戦争」である。

 

製作スタッフが子供に、「戦争を忘れてはならない」とのメッセージを伝えたかったのであろうか…?

 

 

ポケモンの都市伝説10:パラセクトに進化すると起こる悲劇

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン初代から登場しており、きのこタイプとして知られているのが「パラス、パラセクト」だ。

 

パラスのレベルが24になると、パラセクトへと進化できる。

 

そんな可愛らしい2種類のポケモンだが、進化の過程で悲劇が起こっているとの都市伝説がある。

 

というのも、パラスからパラセクトへ進化するとき、下側に位置している虫は死んでしまうというのだ。

 

一体どういうことなのか、次からその理由を具体的に紹介しよう。

 

 

パラスとパラセクトで目の色が変わる

 

ポケモン 都市伝説

 

進化前のパラスの目を見ると、黒目がしっかりとあり、下の虫は生きていることが分かる。

 

ところがパラセクトへと進化すると、下の虫の目が白目に変化し、どうも生きているようには感じられない。

 

きのこポケモンであるパラス、パラセクトは、下の虫がどうなろうと別に構いはしない。

 

どうやら下の虫はきのこに寄生され、死んでしまったと解釈できるのだ。

 

 

パラセクトの名前が核心をついている

 

こちらは決定的なのだが、パラセクトの名前は英語の「パラサイト(寄生虫)」が由来となっている。

 

ちなみに昆虫のことを英語で、「インセクト」と呼ぶ。

 

もうお分かりだろう。

 

パラセクトという名前は、パラサイトとインセクトが合わさった意味を持っているのだ。

 

そのためパラセクトは、きのこに寄生されていると考えることができる。

 

 

パラスの上に寄生しているキノコは実在する

 

パラスの上に寄生しているキノコだが、実は中国に実在するキノコが由来だと言われている。

 

そのキノコは、「冬虫夏草(とうちゅうかそう)と呼ばれるもの。

 

ポケモン 都市伝説

 

冬虫夏草は蛾の仲間に寄生するキノコとして知られ、高級食材として広まっているが日本では滅多にお目にかかれない。

 

冬眠している虫に侵入し、養分を吸収する。

 

そして春になると虫からキノコを生やすと言われており、パラスの容姿そのままのイメージだ。

 

 

パラスのポケモン図鑑に全てが載っている…

 

ポケモン 都市伝説

 

極め付けはパラスのポケモン図鑑である。

 

パラスのポケモン図鑑には、「からだがおおきくなると、せなかから、とうちゅうかそうがはえてくる」とハッキリ明記されている。

 

ポケモン 都市伝説

 

またパラセクトの図鑑には、「からだよりもおおきなキノコが、パラセクトをあやつる。どくのほうしをばらまく」と書かれている。

 

このことから、冬虫夏草がパラスとパラセクトを支配していることが伺えるのだ。

 

 

以上の点から考察するに、パラスのときはキノコに栄養を奪われ、パラセクトへと進化すると冬虫夏草が完全に支配をし、下の虫は死んでしまっていることが分かる。

 

パラスはかなりマイナーなポケモンだが、その姿を発見したらそっと逃がしたほうが良いかもしれない…。

 

 

ポケモンの都市伝説11:ナックラーは日本の歴史と関係アリ?

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスタールビー・サファイアから登場し、じめんタイプのありじごくポケモンとして知られるのが「ナックラー」である。

 

ナックラーはビブラーバに進化し、最終形態は「フライゴン」なのは有名だろう。

 

さてナックラーは日本の歴史と深い関係があると、都市伝説では取り上げられている。

 

一見すると、あまり関わりが無いようにも思えるが、どこからこんな説が浮上したのだろうか?

 

まず、ナックラーという名前から考察したい。

 

ナックラーは英語で、「(細胞・原子などの)核」という意味がある。

 

さて日本の歴史と「核」が関係するとすれば、広島・長崎に落とされた原爆と結びつくのではないだろうか。

 

さらにナックラーは遺伝により、レベル89でじわれを覚えることをご存知の方も多いだろう。

 

ポケモン 都市伝説

 

レベル89というのは、8月9日を示しており、これは長崎に原爆が投下された日付。

 

そして「じわれ」も、原爆が落とされたことにより、地面が割れるほどの衝撃が走ったことを意味している。

 

また、ルビー・サファイアでナックラーが砂漠に生息しているのは、8月9日の後に、建物もすべて吹き飛んだ陸地(爆心地)をイメージしているかもしれない。

 

ポケモン 都市伝説

 

そして、ナックラーの最終形態である「フライゴン」も、日本の歴史を考える上で外せない。

 

ナックラーからフライゴンに進化するのは、レベル45になってから。

 

45とは、1945年を表し、トータルで考えると1945年8月9日となる。

 

そう、すべては長崎に原爆が落とされた年月日と、ピッタリ一致するのだ。

 

これは偶然なのだろうか、それとも…?

 

 

ポケモンの都市伝説12:ピカチュウ版ソフトに隠された文字

 

ポケモン 都市伝説

 

初代ポケモンから登場し、アニメなどでは主人公の肩に乗っていることが多く、ポケモンの中でもトップクラスの人気を誇っているのが「ピカチュウ」だ。

 

その人気は凄まじく、ポケットモンスター赤・緑の初代が発売してから、想定していなかった「ピカチュウ版」が発売されたほど。

 

そんなピカチュウであるが、今回の都市伝説は発売された「ピカチュウ版」が関係している。

 

ポケモン 都市伝説

 

というのも、ピカチュウ版のソフトを子供が中古屋で購入した際、パッケージの裏に赤文字で以下のような内容が書かれていたのだ。

 

 

ぴかちゅう。ぼくは学校へいくことになった

 

ぴかちゅう。ぼくらの旅は何だったんだろう。

 

ぴかちゅう。おまえは多くの人をやりすぎた。

 

ぴかちゅう。おまけは、ぼくの見えない場所で、あざけっていた。

 

ぴかちゅう。もう旅はおわり、本当におわりだ。

 

ぴかちゅう。学校にいくからさ。

 

ぴかちゅう。おまえは好きなやつをやれ。

 

ポケモン 都市伝説

 

意味不明な内容ではあるが、こんな言葉がパッケージの裏に書かれていたら恐怖である。

 

もちろん実際にこのように書かれていたという証拠はないし、販売されていたことも不明

 

書かれている文章を見ると、ピカチュウが毎回ひらがなで書かれていることが分かる。

 

もしかしたら、書いた本人はピカチュウに何か恨みがあるのかもしれない…。

 

謎は深まるばかりである。

 

 

ポケモンの都市伝説13:ゲンガーの鳴き声に隠された秘密

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモンの初代から登場し、ゴーストタイプとしてかなり厄介な存在なのが、「ゲンガー」である。

 

ゴーストからの進化であるゲンガーには、とんでもない都市伝説が隠されているのだ。

 

それはゲンガーが出す独特の鳴き声が、人間の声であり、それも故人(亡くなった人)のものではないかとされている。

 

しかもその人物は特定されているというのだから、かなりの恐怖であろう。

 

では具体的に、ゲンガーの都市伝説について紹介しよう。

 

 

ゲンガーの鳴き声と特定された人物とは?

 

ポケモン 都市伝説

 

まずゲンガーの鳴き声とされているのが、「中橋紅葉」とされる人物だ。

 

この人物は、ゲンガーの発案や原画を担当していた製作スタッフの1人で、赤・緑が発売される前に亡くなったとされる。

 

というのも、赤・緑のエンディング時に流れるスタッフロールに、「なかはしこうよう」なる名前は登場するが、金・銀以降はその名前が表示されていないという点が裏付けとされている。

 

しかし鳴き声を担当していたという事実はないので、鳴き声そのものが中橋紅葉氏であるとの都市伝説はガセネタだ。

 

まずはゲンガーを発案・作画を担当したのが、「中橋紅葉」氏であることを覚えてもらいたい。

 

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生すると…?

 

ポケモン 都市伝説

 

ここからが都市伝説の核心部分である。

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生してみると、「こうようゆるして」や「ごめんよ。こうよう」などと聞こえるのだ。

 

通常再生では聞こえず、何故かスロー再生の場合のみ聞こえるという。

 

 

いかがだったろうか?

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生すると、ゲンガーの発案や作画をしたとされる、中橋紅葉氏の名前が出てくるというのは、かなり怖い都市伝説である。

 

もしかしたら、ポケモン制作スタッフが、中橋紅葉氏の死を悼むことを目的にして、意図して作ったのかもしれない。

 

ポケモンは子供向けのゲームとは考えられないほど、奥が深いのだ。

 

 

ポケモンの都市伝説14:サファリゾーンに存在する透明人間の謎

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン初代が登場する施設で、お金を払いポケモンをゲットできる場所が「サファリゾーン」である。

 

他の地域とは少し趣が異なる場所であり、レアポケモンをゲットするために何度も通った経験がある人も多いだろう。

 

そんなサファリゾーンには、とある不気味な都市伝説が存在するのだが、ご存知だろうか?

 

というのも、サファリゾーンエリア内に「透明人間」がいるというのだ!

 

この透明人間は、初代ポケモンである赤・緑・青のサファリゾーンのみ存在している。

 

透明人間がいる場所は、サファリゾーンエリア1以外に設けられている休憩所。

 

休憩所の左下にある「イス」部分に話しかけることで、人が座っていないのに会話ができるのだ。

 

会話にはいくつか種類があり、透明人間は子供であることが推測される。

 

「ぼくもポケモンとりがしたい」

 

ポケモン 都市伝説

 

「シルフのチーフが、サファリゾーンに隠れてるって!」

 

ポケモン 都市伝説

 

「はしゃぎすぎてつかれた・・・」

 

ポケモン 都市伝説

 

この透明人間だが、お気づきの通りバグである。

 

本来ならば、ここのイスに人間が腰かけている設定になっていたのであろう。

 

しかしこの状況だけを見ると、かなりの恐怖であることに違いはない…。

 

 

ポケモンの都市伝説15:ライバルのラッタは死亡していた?

 

ポケモン 都市伝説

 

初代ポケモンの主人公のライバルは、手持ちポケモンに「ラッタ」がいる。

 

最初の頃から戦闘に参加していたところを見ると、かなり大事に育てている印象を受けるだろう。

 

そのラッタがシオンタウンでライバルと対戦する際、手持ちポケモンから消えているのだ。

 

そこで生まれた都心伝説が、「ラッタは死亡した」というもの。

 

ポケモン 都市伝説

 

シオンタウンはポケモンタワーが存在し、そこはポケモンのお墓が多数並んでいる不気味なところ。

 

ライバルとはそこで戦うのだが、どうしてライバルがその場所にいるのかは明かされていません。

 

しかし、ラッタが手持ちから消えているのと、ポケモンのお墓にライバルがいることの2つの条件は、1つの答えを導き出すと考えられる。

 

それが「ラッタは死亡した」というものだ。

 

また、ライバルは以下の意味深発言をしている。

 

「なにしにきた。おまえのポケモン、死んだのか?」

 

ポケモン 都市伝説

 

ライバルはラッタを埋葬するために、シオンタウンに来ていたのかもしれない。

 

こう思うと、ライバルのポケモン愛を感じられるのではないだろうか?

 

 

ポケモンの都市伝説16:ロトムの鳴き声にまつわるナゾ

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモンダイヤモンド・ルビーから登場するロトムには、とんでもない都市伝説が隠されている。

 

それはロトムの鳴き声を聞くと「たすけて・・・」と聞こえるのだ。

 

確かにロトムの鳴き声は、通常のポケモンとは違い特殊。

 

この都市伝説は、たすけてと聞こえる人と、聞こえない人で別れると言われる。

 

どうも、心がキレイな人には「たすけて」と聞こえ、純粋ではない人間には「たすけて」と聞こえないという。

 

ポケモンそのものが、心がキレイで純粋な者だけに見える幻のモンスターという設定であるから、ロトムの鳴き声もそれに近い部分があるのだろう。

 

まさかロトムの鳴き声1つで、プレイヤーの心の状況が分かってしまうのだから、ポケモンは恐ろしいゲームである…。

 

 

ポケモンの都市伝説17:モンジャラは元々人間だった?

 

ポケモン 都市伝説

 

初代ポケモンから存在するモンジャラだが、実は人間だったのではないかとの都市伝説が存在する。

 

モンジャラはマサラタウンの南21番水道で、初めて出現しゲットできる。

 

現在は柵がしてあり、「なみのり」を覚えなければモンジャラに会うことはできない。

 

ポケモン 都市伝説

 

しかし以前は、このエリアに柵は無く誰でも入れていたという。

 

とある日、少女に悲惨な事件が発生し、後日柵を設置するようになったのだ。

 

簡単に少女に起きた悲劇をまとめておこう。

 

女の子が草むらで遊んでいたところ、川に落ちてしまい、川のツタが女の子の足に絡まった。

 

周囲に人気はおらず、いくら大声で叫んでも誰も来てくれない。

 

そしてとうとう女の子は溺れてしまい、死亡

 

ポケモン 都市伝説

 

その際、ツタが体にまとわりつくようになって、「モンジャラ」というポケモンとなったのだ。

 

その証拠に、モンジャラの足元を見ると、赤いオシャレな長靴をはいている。

 

まるで女の子が、「わたしはここにいるよ」と訴えているように…。

 

 

ポケモンの都市伝説18:ミュウツーとミュウの不思議な関係

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモン初代に存在する幻のポケモン、「ミュウとミュウツー」だがその存在は謎に包まれている。

 

そうした中登場した都市伝説が、「ミュウからミュウツーが生まれた」というものだ。

 

これはシオンタウンでポケモンの世話をしている、「フジ博士」が残した日記に全てのことが記されている。

 

ポケモン 都市伝説

 

グレンタウンのポケモンやしきには、フジ博士が書き残したとされる日記を読むことができる。

 

そこには、以下のような内容が書かれており、ミュウとミュウツーの誕生が分かるだろう。

 

ポケモン 都市伝説

 

7月5日:南アフリカのギアナで新種のポケモンを発見

 

7月10日:新種のポケモンをミュウと名付ける

 

2月6日:ミュウが子供を産んだ。私はミュウツーと名付けた

 

9月1日:ミュウツーは強すぎる。私の手にはおえない…

 

つまり、ミュウから生まれたのがミュウツーで、フジ博士が遺伝子研究により誕生させたと理解できるのではないだろうか?

 

恐らくミュウツーはフジ博士のところから脱走し、強い相手を求めて「ハナダの洞窟」に住んだのだろう。

 

こう考えると、ミュウツーは人工的に作られた可哀想なポケモンだと分かる。

 

この都市伝説を知ると、ミュウツーをマスターボールでゲットする気になれないかもしれない…。

 

 

ポケモンの都市伝説19:ダークライ誕生に隠された謎

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケットモンスターダイヤモンド・パールで登場する、幻のポケモンが「ダークライ」である。

 

ダークライにまつわる都市伝説は、「ダークライを考案したのは大人ではなく、一般の子供」との内容。

 

ポケモンキャラクターはクリエイターが考えるのだが、ダークライに関してはアメリカの子供が考案したと言われているのだ。

 

ポケモン 都市伝説

 

少年はポケモンが大好きで、夢の中で「ポケモンが闇に覆われた世界で住んでいた」ようで、そのことを日記に書いた。

 

その翌日、少年は死亡してしまう。

 

そういえば、ポケモンの世界でも少年が夢でうなされており、以下のような言葉を発していた。

 

ダークがこっちみてる

 

ポケモン 都市伝説

 

これがダークライを実際に見た少年をイメージして制作されたと言われているのだが、もちろん真相は不明。

 

もしかしたら、現実のアメリカの少年とポケモンの世界がリンクしていた…とも考えられる。

 

何とも不気味な都市伝説である。

 

 

ポケモンの都市伝説20:謎のインドゾウがポケモンの世界にいる?

 

ポケモン 都市伝説

 

ポケモンの世界には、現実世界でお馴染みのインドゾウが、紛れ込んでいるとの都市伝説がある。

 

これは、初代ポケモン赤・緑のポケモン時間から確認ができるのだ。

 

それは、ライチュウとゴースの図鑑を見ると、インドゾウのことが書かれている。

 

  • ライチュウ:いんどぞうでもきぜつするほどだ。
  • ゴース:いんどぞうも2秒で倒れる。

 

ポケモン 都市伝説

 

図鑑には、このようにハッキリと「インドゾウ」の文字が確認できるのだ。

 

最新バージョンのポケモンを見ても、今のところインドゾウと関係するポケモンは登場していない。

 

像をモデルにしたポケモンとして、ドンファンなどがいるが「じめん」タイプなので、ライチュウの電撃は効果ゼロ

 

とすれば、このインドゾウは地球から迷い込み、ポケモンの世界に入ったのかもしれない…。

 

なんとも謎が残るインドゾウである。

 

 

ここまで、ポケモンの都市伝説について、あまり知られていないものを厳選してご紹介した。

 

どれも興味をそそるものばかりで、確かめるためにまた最初からポケモンをプレイしたくなるのではないだろうか。

 

しかしこれはあくまでも都市伝説。

 

信じるか信じないかは、あなた次第…。

 

 

ポケモン都市伝説!人気記事ランキング

 

エリカの裏話!あの一味と深い関係だった?

ポケモン 都市伝説 ポケモンの世界にいるジムトレーナーで、実力もさることながら、可愛らしいルックスで一番人気を誇るのが「エリカ」である。ポケモンのアニメにも登場するなど、主要キャラクターと同様の重要な役割を担うなど、今後の活躍が期待されている。そんなエリカには、ちょっと恐ろしい都市伝説が噂されていることを、ご存知・・・

≫続きを読む

 



実在する?!『ポケモン・ブラック』の都市伝説が本当にヤバい!

ポケモン 都市伝説 ポケモン・ブラックをご存知だろうか?2010年に日本で正式に任天堂から発売されている、「ポケモン・ブラック・ホワイト」とは違い、それよりも何年も前に密かに販売されていたとする幻の作品である。中身は初代ポケモンとほぼ同じだが、名前に負けずかなりのブラック設定になっているのだ。そこで今回は、ポケモン・ブラックの都市伝・・・

≫続きを読む

 



赤いギャラドスの悲しい物語りと裏設定

ポケモン 都市伝説 ポケモンの都市伝説の中にはちょっと悲しい都市伝説っていうのがあり、それが赤いギャラドスにまつわるものだ。ャラドスと言えば、コイキングから進化したもので、コイキングからは想像もつかないような見た目になるポケモンで・・・

≫続きを読む

 



ゲーム中に起きた恐怖のバグ

ポケモン 都市伝説 ゲーム中に起きたバグ。ポケモンに残っているバグには都市伝説があるようで、そのバグというのはクチバシティで見ることが出来るのだとか。クチバシティではサントアンヌ号に乗船することになるが、ここであることをすると…

≫続きを読む

 



ユンゲラーは本当に存在していた!?

ポケモン 都市伝説 ユンゲラーは存在していた。やはり数多くのポケモンを作り出すにはテーマ設定っていうのが必要だったと言われているが、そんな設定の中でもユンゲラーについては興味深い都市伝説がある…

≫続きを読む

 



戦争を元に作られた危険なポケモンの秘密

ポケモン 都市伝説 戦争を元に作られたポケモンの正体。ホウエン地方は九州を参考にしていると言われているが、このホウエン地方については1つの都市伝説があるようだ。ホウエン地方にある都市伝説というのは…

≫続きを読む

 



ゴースの怖すぎる裏設定とは?

ポケモン 都市伝説 ゴースは死者の魂!?クロガネシティにはどうやら都市伝説が隠されているようだが、それはこのシティにポケモンのゴースが表れることが関係していうようだ。ゴースというのは、ポケモンの中でもガス状のポケモンだと言われているが…

≫続きを読む

 



ルージェラの悲しい物語と裏設定

ポケモン 都市伝説 ルージェラの悲しい物語。ルージェラはエスパーと氷というどういった関係がと思われるタイプを持つポケモンだが、このルージェラには悲しい都市伝説がある。ルージェラは人とポケモンの子供だったと言われている。

≫続きを読む

 



ビクティニに込められた恐ろしいの意味

ポケモン 都市伝説 ビクティニに込められた本当の意味。ポケモンの名前にもいろんな都市伝説というのが存在し、1つ1つの名前それぞれに意味があるのだが、複数の意味があるというのがビクティニのようだ。ビクティニは無限のエネルギーを作り出し…

≫続きを読む

 



ミュウツーが開発された本当の意味

ポケモン 都市伝説 ミュウツーの開発と逆襲。研究によって開発されたミュウツーはミュウというポケモンを改良することで誕生したようだが、この開発者についての都市伝説がある。開発した博士については、直接的に出てくることはないようだが実は…

≫続きを読む

 



ゲンガーとピクシーに隠された本当の秘密

ポケモン 都市伝説 ゲンガーとピクシーの秘密。世界中で大ヒットしたポケモンだがそのポケモンに関してもいろんな都市伝説があると言われている。ピクシーに憑依したことでゲンガーになるという都市伝説だが、これには理由があるようだ。それはゴーストとピクシーの体重を合わせると…

≫続きを読む

 



ライバルのラッタは死んでいた…

ポケモン 都市伝説 ライバルのラッタの「死」。ポケモンの中でなくてはならない存在なのがライバルである。たびたび主人公の前に登場してはポケモンバトルを仕掛けられるわけだが、そんなライバルに関しての都市伝説がある。

≫続きを読む