ポケモン都市伝説!ミュウツーが開発された本当の意味

ポケモン 都市伝説 ミュウツー

 

ポケモンは多くの種類のものが存在している。

 

そんなポケモンの中でも人工的に作られたとされているのがミュウツーである。

 

研究によって開発されたミュウツーは、ミュウというポケモンを改良することで誕生したようだがこの開発者についての都市伝説がある。

 

開発した博士については、直接的に出てくることはないようだが実は作品の中にヒントがあるようだ。

 

そのヒントというのが、グレン島にある研究所のようで、ここでミュウツーは開発されたと言われている。

 

そして、その研究所にある資料の中にはミュウツーの生みの親としてフジ博士の名前があるようだ。

 

このフジ博士、実は中盤で、シオンタウンで出会っている。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポケモン都市伝説 → ユンゲラーは存在していた!?

 

シオンタウンは亡くなったポケモンを供養する場所だと言われているが、フジ博士は開発段階で多くのポケモンを犠牲にしたために供養していると都市伝説では言われているのだ。

 

さらに都市伝説によれば、ミュウツーを開発した時に逆襲され自らの命の危険を知ることで大切さに気付いたと言われている。

 

この都市伝説によればフジ博士は、自らの手で犠牲にしてきたポケモンたちを、供養することによって懺悔しているとも言うことが出来るようだ。

 

ほのぼのとしたポケモンであるが、裏にはそんな怖い都市伝説が隠されていたのだ。

 

ストーリーの中で公にフジ博士が開発した人物として、登場出来ないのもこの都市伝説からも理解することが出来る。

 

まさかそんな都市伝説が隠されていようとは誰も思わなかったのではないだろうか。