実在する?!『ポケモン・ブラック』の都市伝説が本当にヤバい!

ポケモン ブラック 都市伝説

 

ポケモン・ブラックをご存知だろうか?

 

2010年に日本で正式に任天堂から発売されている、「ポケモン・ブラック・ホワイト」とは違い、それよりも何年も前に密かに販売されていたとする幻の作品である。

 

中身は初代ポケモンとほぼ同じだが、名前に負けずかなりのブラック設定になっているのだ。

 

そこで今回は、ポケモン・ブラックの都市伝説について詳しく考察していく。

 

 

ポケモン・ブラックの都市伝説は海外で誕生した?

 

ポケモン ブラック 都市伝説

 

任天堂のホームページから『ポケモンブラック』と検索かけても、やはり2010年に発売されたポケモン・ブラックと、ブラック2が表示されるだけ。

 

では都市伝説として登場する、「ポケモン・ブラック」というのは、何を基にして誕生したのだろうか?

 

実はこの「ポケモン・ブラック」は、正式に開発されたものではなく、海外のファンが初代ポケモンのデータの大部分を改造して作成されたものだと言われている。

 

ポケモン ブラック 都市伝説

 

世に出回っている「改造ロム」と、基本的に構造は同じと理解して問題ない。

 

さらに海外のファンが作成し、日本の2chと同じ4chという場所にアップロードされていたのだ。

 

アップロードした作者は、フリーマーケットで購入したと掲示板に投稿しており、信憑性はますます疑わしいものに。

 

スポンサーリンク

 

今ではポケモン・ブラックのデータは、4chから消え去りプレイすることは不可能。

 

相当数のユーザーがダウンロードし、プレイをしたとされているが、キャプチャー画像やプレイ動画などがネット上に全く出回っていない。

 

このことから、さらに怪しさが増して今では都市伝説と言われるようになっているのだ。

 

 

都市伝説化したポケモン・ブラックの内容とは?

 

ポケモン ブラック 都市伝説

 

それでは都市伝説と化した「ポケモン・ブラック」がヤバいと言われる内容とは、どのようなものなのだろうか。

 

先ほども少し触れたが、改造ロムというだけありストーリーは概ね「初代ポケモン」と同じ。

 

主人公が自室のベッドで目覚め、1階に降りると母親が居間でくつろいでいる。

 

何とも平和なほのぼのとした1日の一コマであるが、オーキド博士のところへ出向き、ポケモンを貰う段階になると様子が一変する。

 

初代ポケモンは、最初に3匹を選ぶことになるのだが、ポケモン・ブラックでは3匹を選ぶことができず代わりにゴーストを入手できるのだ。

 

ポケモン ブラック 都市伝説

 

都市伝説によれば、ゴーストは『のろい』という技しか所持しておらず、どれだけレベルを上げても進化しないし、技も新しく習得しない。

 

『のろい』を使用すると、画面が突然暗転し相手ポケモンの悲鳴がかすかに聞こえるという謎設定。

 

技をかけ終わり画面が通常に戻ると、さきほどまでいたポケモンが姿を消しており、「こうかはばつぐんだ!」との表示がなされ戦闘は終了。

 

そのポケモンはどこへ消え去ってしまったのか、もう誰にも分からない…。

 

スポンサーリンク

 

このブラックだが、ジムリーダーとの戦闘においていよいよ怪しさが増してくる。

 

なんと、ジムリーダーとの戦闘で『のろい』を使用すると、ポケモンのみならずジムリーダーすら姿を消してしまうのだ。

 

代わりにその場所には墓標が建てられ、事の事態を察することができる。

 

初代ポケモンのラスボスである、四天王とライバルを倒すとエンディング画面に切り替わるのだが、ポケモン・ブラックではそこでも違うストーリーが用意されている。

 

ポケモン ブラック 都市伝説

 

エンディングでは老人となった主人公が、ポケモンの墓標が無数に並ぶ場所にポツンと立っているのだ。

 

シオンタウンのBGMが低速で流れ、今まで倒してきたジムリーダーの姿が走馬灯のように映っては消え…を繰り返す。

 

そして最後は、仲間としてずっと生活してきたゴーストと戦うことになるのだが、主人公は何もできずに『のろい』の技をかけられてしまう。

 

暗転した画面の中で、主人公と思われる悲鳴が響き終了…。

 

夢オチかと思いきや、どのボタンを押しても反応せず、電源を切り再度起動すると、データが完全に消えているという。

 

 

ポケモン・ブラックの都市伝説は、かなり怖い内容であることが理解できたのではないだろうか?

 

今まで倒したポケモンや、ジムリーダーの姿が走馬灯のように現れ、その後主人公は『のろい』にかけられてしまう。

 

因果応報、今までの行いが自分に返るという意味が込められているのだが、何故かここだけは日本的な部分が残る。

 

もしポケモン・ブラックが何かのタイミングで手元に届いても、プレイしないほうが賢明かもしれない…。