ポケモン都市伝説!ゴースの怖すぎる裏設定とは?

ポケモン 都市伝説 ゴース

 

ポケモンは作品によっていろんな地方っていうのが舞台になっているようだ。

 

九州や関東など様々あるようだが、ダイヤモンドやパールっていうのは北海道が舞台になっていると言われている。

 

実際に北海道に近い形になっているようで、それぞれの地名を当てはめることも出来るようだがクロガネシティというのは、そんな中でも夕張に位置していると言われている。

 

このクロガネシティにはどうやら都市伝説が隠されているようだが、それはこのシティにポケモンのゴースが表れることが関係しているようだ。

 

ゴースというのは、ポケモンの中でもガス状のポケモンだと言われているが、それがどういった都市伝説に関係しているのか?

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポケモン都市伝説 → ルージェラの悲しい物語

 

作品の中でもクロガネシティというのはそもそも炭鉱発掘の街となっている。

 

そして、そんなクロガネシティが位置している夕張にも、かつては夕張炭鉱という炭鉱が存在していたようだ。

 

この夕張炭鉱は現在では廃坑になっているようだが、当時はよくガス爆発などが多発する炭鉱として有名だったようだ。

 

ポケモン 都市伝説 ゴース

 

そのガス爆発によって死者を多数出したことでも有名のようだが、そういったことを暗示するためにゴースが出演するというのが都市伝説の内容になっている。

 

ポケモンについては他にも戦争だったり、いろんなテーマの都市伝説があるが、この都市伝説もまったく違うとは言えないものになっている。

 

ファンの中では有名な都市伝説になっているようだが、ポケモンの中では怖い都市伝説である。