ポケモン都市伝説!ビクティニに込められた恐ろしいの意味

ポケモン 都市伝説 ビクティニ

 

ポケモンの名前にも、いろんな都市伝説というのが存在している。

 

1つ1つの名前それぞれに意味があるのだが、複数の意味があるという都市伝説があるのがビクティニのようだ。

 

ビクティニはブラックとホワイトに登場したポケモンではあるが、無限のエネルギーを作り出し、手にしたものはあらゆる勝負で勝利することが出来ると言われている。

 

この無限のエネルギーというのは、原子力や核的なものではないかと都市伝説では言われている。

 

「手にしたものはあらゆる勝負で勝利することが出来る」という核爆弾的な要素を示していると都市伝説では言われているようだ。

 

公式ではビクティニはヴィクトリーという意味から来ていると言われている。

 

これも確かに1つの意味であるのかもしれない。

 

しかし、都市伝説ではさらなる意味があって、それがこのビクティニというポケモンが、作品中で登場するシーンに関係している。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポケモン都市伝説 → ゲーム中に起きたバグ

 

作品の中では、大富豪によって地下に閉じ込められている。

 

これはビクティニというポケモンを巡って悪党が絶えないからということだが、こういったことから都市伝説ではビクティニには、ヴィクティムという犠牲者の意味も込められているのではないかと言われている。

 

原子力・勝利・犠牲者という3つの意味が込められていると言われているビクティニ。

 

都市伝説が示しているのは、原子力がもたらす勝利や犠牲者ということを暗示しているのかもしれない。

 

勝利ポケモンの裏に隠された都市伝説である。