ポケモン都市伝説!ゲーム中に起きた恐怖のバグ

ポケモン 都市伝説 バグ

 

ゲームソフトを作る時というのは、どうしてもバグというものが発生してしまうようだ。

 

このバグは見つけ次第、取り除かれるようだが、中にはそのままにされているものもある。

 

ポケモンに残っているバグには都市伝説があるようで、そのバグというのはクチバシティで見ることが出来るのだとか。

 

クチバシティではサントアンヌ号に乗船することになるが、ここであることをすると文章が表れるらしい。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポケモン都市伝説 → ライバルのラッタは死んでいた

 

この文章が都市伝説に関係しているようだが、その文章はよく読むと「原画はなかはしこうよう」と読むことが出来るようだ。

 

「なかはしこうよう」がポケモンとどのように関わってくるのか?

 

それが都市伝説の内容でもあるのだが、「なかはしこうよう」という人物はポケモンの開発者であり、ゲンガーを考案した人物だと言われている。

 

つまり、原画の部分はゲンガーとも読むことが出来るということである。

 

そして、都市伝説によればこの「なかはしこうよう」という人物は
亡くなってしまったようだ。

 

その追悼の意を示すという意味でも、バグは残されたと都市伝説では言われている。

 

この文章のバグについては、かなり有名なものだと言われているようだが都市伝説の内容となると知らない人もいるようだ。

 

しかし、ポケモンのバグにそんな追悼の意が込められているとは誰も想像しなかったのではないだろうか。

 

都市伝説によれば、バグはアルファベットの文章になっているということなので、気付かないというのは尚更のことである。