ジュカインの名前に隠された秘密

ジュカイン

 

ポケットモンスタールビー・サファイヤから登場する、草タイプのポケモン「ジュカイン」に恐ろしい都市伝説が存在していることを、あなたはご存知だろうか?

 

みつりんポケモンに分類され、キモリ→ジュプトル→ジュカインの順番で進化し、オメガルビーやアルファサファイアでは、メガ進化も可能になった出世ポケモンである。

 

ジュカインの都市伝説は、名前にまつわるもの。

 

この名前には、裏設定があると言われているのだ。

 

名前の「ジュカイン」だが、草でみつりんポケモンなので「樹海」がモチーフになっていることは想像できる。

 

しかしこれでは、「樹海(じゅかい)なので、ジュカインの「ん」の部分が残る。

 

ジュカイン

 

実はこの「ん」は、「in」を意味しているのだ。

 

そのため、ジュカインは「樹海に入る(in)」という意味。

 

樹海といえば、富士の樹海を思い浮かべる方も多いのではないだろうか?

 

ジュカイン

 

富士の樹海といえば、自殺の名所。

 

つまりその場所に入るということは…。

 

何とも恐ろしい都市伝説を持ったポケモンであり、名前に負けない迫力はこうした裏設定から来ているのかもしれない。