伝説のポケモンとオウム真理教の関係性

伝説のポケモン

 

ポケットモンスターDPから登場する、伝説のポケモン「アグノム、ユクシー、エムリット」は人気がある。

 

この3体は、ともにエスパータイプ。

 

さらに3体の頭文字を取ると、「UMA」となるため、「未確認生物」がモデルになっているのだ。

 

しかしこの3体には、裏の顔があると都市伝説では言われている。

 

伝説のポケモン

 

さきほど紹介した「UMA」だが、実は頭文字の並びを変えると、「AUM(オウム)」になる。

 

このオウムが何を意味しているのか、10代が理解するのは難しいかもしれない。

 

何故ならば1995年に日本で起きた、世界で初めて化学兵器が使われたテロを実行した宗教団体の名前だからだ。

 

このオウム真理教には不思議な力が宿っていると言われており、エスパータイプの伝説のポケモンである3体と共通点がある。

 

また、アグノム、ユクシー、エムリットがオウム真理教と関係あると言われている理由は、これだけではない。

 

実はゲーム中にあるミオシティの図書館には、「恐ろしい神話」というものがある。

 

伝説のポケモン

 

この本を開くと、3体のポケモンの特徴が書かれている。

 

  • アグノム:そのポケモンを傷付けると、7日後には動けなくなり、何もできなくなる
  • ユクシー:そのポケモンを見ると、一瞬にして記憶がなくなり、帰ることができなくなる
  • エムリット:そのポケモンに触れると、3日後には感情がなくなる

 

アグノムの記述は、7日後には動かなくなるということだが、これはサリンによって体が動かなくなる点を強調している。

 

ユクシーの記憶が無くなるというのは、オウム真理教に入ると抜け出せなくなることを意味している。

 

エムリットの感情が無くなるというのは、マインドコントロールされ感覚が麻痺している。

 

伝説のポケモン

 

この3点を見ても、オウム真理教と深い関わりがあるように感じないだろうか?

 

伝説のポケモンなだけあり、まだまだ謎の多い3体。

 

今後も新しい都市伝説が、発見されるかもしれない。