ゲンガーの鳴き声に隠された秘密

ゲンガー

 

ポケモンの初代から登場し、ゴーストタイプとしてかなり厄介な存在なのが、「ゲンガー」である。

 

ゴーストからの進化であるゲンガーには、とんでもない都市伝説が隠されているのだ。

 

それはゲンガーが出す独特の鳴き声が、人間の声であり、それも故人(亡くなった人)のものではないかとされている。

 

しかもその人物は特定されているというのだから、かなりの恐怖であろう。

 

では具体的に、ゲンガーの都市伝説について紹介しよう。

 

 

ゲンガーの鳴き声と特定された人物とは?

 

ゲンガー

 

まずゲンガーの鳴き声とされているのが、「中橋紅葉」とされる人物だ。

 

この人物は、ゲンガーの発案や原画を担当していた製作スタッフの1人で、赤・緑が発売される前に亡くなったとされる。

 

というのも、赤・緑のエンディング時に流れるスタッフロールに、「なかはしこうよう」なる名前は登場するが、金・銀以降はその名前が表示されていないという点が裏付けとされている。

 

しかし鳴き声を担当していたという事実はないので、鳴き声そのものが中橋紅葉氏であるとの都市伝説はガセネタだ。

 

まずはゲンガーを発案・作画を担当したのが、「中橋紅葉」氏であることを覚えてもらいたい。

 

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生すると…?

 

ゲンガー

 

ここからが都市伝説の核心部分である。

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生してみると、「こうようゆるして」や「ごめんよ。こうよう」などと聞こえるのだ。

 

通常再生では聞こえず、何故かスロー再生の場合のみ聞こえるという。

 

 

いかがだったろうか?

 

ゲンガーの鳴き声をスロー再生すると、ゲンガーの発案や作画をしたとされる、中橋紅葉氏の名前が出てくるというのは、かなり怖い都市伝説である。

 

もしかしたら、ポケモン制作スタッフが、中橋紅葉氏の死を悼むことを目的にして、意図して作ったのかもしれない。

 

ポケモンは子供向けのゲームとは考えられないほど、奥が深いのだ。