パラセクトが進化すると起こる悲劇

パラセクト

 

ポケモン初代から登場しており、きのこタイプとして知られているのが「パラス、パラセクト」だ。

 

パラスのレベルが24になると、パラセクトへと進化できる。

 

そんな可愛らしい2種類のポケモンだが、進化の過程で悲劇が起こっているとの都市伝説がある。

 

というのも、パラスからパラセクトへ進化するとき、下側に位置している虫は死んでしまうというのだ。

 

一体どういうことなのか、次からその理由を具体的に紹介しよう。

 

 

パラスとパラセクトで目の色が変わる

 

パラセクト

 

進化前のパラスの目を見ると、黒目がしっかりとあり、下の虫は生きていることが分かる。

 

ところがパラセクトへと進化すると、下の虫の目が白目に変化し、どうも生きているようには感じられない。

 

きのこポケモンであるパラス、パラセクトは、下の虫がどうなろうと別に構いはしない。

 

どうやら下の虫はきのこに寄生され、死んでしまったと解釈できるのだ。

 

スポンサーリンク

 

 

パラセクトの名前が核心をついている

 

こちらは決定的なのだが、パラセクトの名前は英語の「パラサイト(寄生虫)」が由来となっている。

 

ちなみに昆虫のことを英語で、「インセクト」と呼ぶ。

 

もうお分かりだろう。

 

パラセクトという名前は、パラサイトとインセクトが合わさった意味を持っているのだ。

 

そのためパラセクトは、きのこに寄生されていると考えることができる。

 

スポンサーリンク

 

 

パラスの上に寄生しているキノコは実在する

 

パラスの上に寄生しているキノコだが、実は中国に実在するキノコが由来だと言われている。

 

そのキノコは、「冬虫夏草(とうちゅうかそう)と呼ばれるもの。

 

パラセクト

 

冬虫夏草は蛾の仲間に寄生するキノコとして知られ、高級食材として広まっているが日本では滅多にお目にかかれない。

 

冬眠している虫に侵入し、養分を吸収する。

 

そして春になると虫からキノコを生やすと言われており、パラスの容姿そのままのイメージだ。

 

スポンサーリンク

 

 

パラスのポケモン図鑑に全てが載っている…

 

パラセクト

 

極め付けはパラスのポケモン図鑑である。

 

パラスのポケモン図鑑には、「からだがおおきくなると、せなかから、とうちゅうかそうがはえてくる」とハッキリ明記されている。

 

パラセクト

 

またパラセクトの図鑑には、「からだよりもおおきなキノコが、パラセクトをあやつる。どくのほうしをばらまく」と書かれている。

 

このことから、冬虫夏草がパラスとパラセクトを支配していることが伺えるのだ。

 

以上の点から考察するに、パラスのときはキノコに栄養を奪われ、パラセクトへと進化すると冬虫夏草が完全に支配をし、下の虫は死んでしまっていることが分かる。

 

パラスはかなりマイナーなポケモンだが、その姿を発見したらそっと逃がしたほうが良いかもしれない…。