ピカチュウ版のゲームソフトに隠された怖い文字

ピカチュウ版

 

初代ポケモンから登場し、アニメなどでは主人公の肩に乗っていることが多く、ポケモンの中でもトップクラスの人気を誇っているのが「ピカチュウ」だ。

 

その人気は凄まじく、ポケットモンスター赤・緑の初代が発売してから、想定していなかった「ピカチュウ版」が発売されたほど。

 

そんなピカチュウであるが、今回の都市伝説は発売された「ピカチュウ版」が関係している。

 

ピカチュウ版

 

というのも、ピカチュウ版のソフトを子供が中古屋で購入した際、パッケージの裏に赤文字で以下のような内容が書かれていたのだ。

 

 

ぴかちゅう。ぼくは学校へいくことになった

 

ぴかちゅう。ぼくらの旅は何だったんだろう。

 

ぴかちゅう。おまえは多くの人をやりすぎた。

 

ぴかちゅう。おまけは、ぼくの見えない場所で、あざけっていた。

 

ぴかちゅう。もう旅はおわり、本当におわりだ。

 

ぴかちゅう。学校にいくからさ。

 

ぴかちゅう。おまえは好きなやつをやれ。

 

ピカチュウ版

 

意味不明な内容ではあるが、こんな言葉がパッケージの裏に書かれていたら恐怖である。

 

もちろん実際にこのように書かれていたという証拠はないし、販売されていたことも不明

 

書かれている文章を見ると、ピカチュウが毎回ひらがなで書かれていることが分かる。

 

もしかしたら、書いた本人はピカチュウに何か恨みがあるのかもしれない…。

 

謎は深まるばかりである。